トップ > アーカイブ構築

アーカイブ構築

DNPアートコミュニケーションズでは、美術館・博物館のデジタルアーカイブ構築を軸に、高精細デジタルデータを有効利用した様々な事業展開を行なっています。

デジタルアーカイブ構築事業

デジタルアーカイブ構築に伴う以下のサービスをご用意しております。

入力

平面作品の撮影
絵画などの平面作品は、アーカイブに特化した大判のイメージセンサを用いたカメラでデジタル撮影のほか、大型の高精細スキャナによってゆがみのない画像を採取します。
立体作品の計測
彫刻などの立体作品は 3Dレーザースキャナで3次元データに記録します。将来的な使用途に応じた汎用的なモデリングデータを作成します。
フィルムのスキャニング
フィルムや紙ベースの資料は年月により劣化し、情報が失われてしまいます。過去に撮影された資料は、高精細、高階調の製版用スキャナを用いてデジタル保存します。
冊子体のデジタル化
古書・書籍・等「本」などのデジタルアーカイブは、綴じや、厚さの違った「本」に対応し高画質な画像でスキャニング可能な専用のブックスキャニング台にて撮影します。
ガラス乾板のデジタル化
デジタルカメラと乾板専用の撮影台の専用撮影セットにて撮影し、経年劣化による画像消滅、物理的に破損した部分を修復しながらデジタル化します。

画像処理

フィルム画像の修復
色が退色し無くなった部分の修復、長い間に出来たキズの除去や指紋による変色も修正を施します。
作品の修復
劣化が進んだ作品は、もっとも保存状態の良い部分の色合いを基準に、全体の劣化、損傷を画像上で修復。制作当時の美しさがよみがえります。
カラーマネジメント
アーカイブとして将来的な活用を図る上で、作品の持っている色彩の真正性を最大限に確保する緻密な色調整を行ないます。印刷、プリンタ、デジタルディスプレイなど媒体に応じたプロファイルを用いたカラーマネジメントもサポートします。

アーカイブ

画像ストレージ
デジタルデータを集積してアーカイブを構築。信頼性の高いシステム構築と、高セキュリティの環境下で大切なデータを管理します。当社イメージアーカイブへの参加、リンケージもご検討いただけます。インターネットを使うことで、実際の施設に足を運ばなくても美術作品の閲覧が可能になります。
データベース構築
作品に関するメタデータのみならず、資料の収集・整理・貸出の管理にも利用可能な、アーカイブ運用条件に応じたデータベース構築のお手伝いをいたします。それぞれの情報が個別に存在するのではなく、画像、映像、文字、音声を統合した、一元的なデータベースとして構築します。

再現

再現
保存された作品は、いつでも再現することができます。実際に紙にプリントするほか、デジタルデータそのものを使った新しい表現も提案しています。