デジタルソリューション

日本・オーストリア外交樹立150周年記念
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

会場:国立新美術館(東京・六本木) 2019年4月24日〜 8月5日
国立国際美術館(大阪・中之島) 2019年8月27日〜12月8日

主催:国立新美術館(東京展)、国立国際美術館(大阪展)、ウィーン・ミュージアム、読売新聞社

1857 年、皇帝フランツ・ヨーゼフ1 世の命によって、ウィーンの旧市街を囲んでいた市壁が撤去されました。市壁の跡に整備されたリンク通り(リンクシュトラーセ)には、次々と新しい建物が立ち並び、この通りを基点として閉塞的な中世都市は豊かな芸術をはぐくむ大都市へと変貌を遂げました。この展覧会では、ウィーン・ミュージアムが所蔵する、19世紀に作られた2つの精巧な都市模型を撮影し、この歴史的な都市計画を再現する映像を制作しました。高精細3D デジタルアーカイブ技術で、ウィーンの街の壮大な変遷がよみがえりました。

スマートフォンを使った
展覧会PR施策、展示アプリ

美術館ロビーに設置されたパネルからQRコードをスマートフォンで読みとり操作をします。

記念撮影

Web上でスマートフォンのカメラ機能を利用して、
バーチャルな顔はめ看板を体験。

Web上でスマートフォンのカメラ機能を利用して、バーチャルな顔はめ看板を体験。

Web上でスマートフォンのカメラ機能を利用して、バーチャルな顔はめ看板を体験。

ウィーンの街並みを360°見てみよう

19世紀末のウィーンの街並みを360度パノラマVR体験。

19世紀末のウィーンの街並みを360度パノラマVR体験。